美容整形外科でプチ整形をする

美容整形では、メスを使い、肌を切り、骨まで削る大掛かりな手術から、注射器で、ジェルやヒアルロン酸を肌に注入する方法まで様々あります。
老若男女問わず、容姿にコンプレックスを抱いている方は大勢います。特に女性の場合、歳を取ると肌のハリが無くなってきて、顔のシワが目立つようになります。肌が弛んできて、口元のほうれい線が目立ってしまったり、眉毛の間の小ジワも年々増えていきます。美容整形外科で、メスを使わずに、シワを目立たなくする方法があります。それは、ヒアルロン酸という特殊な液を注射器を使い、注入していく方法です。傷跡は、注射器の後だけなので、ほんの数週間で消えますし、傷跡はメイクによって目立たなくする事も可能です。ヒアルロン酸の注入は、大掛かりな美容整形とは違い、ヒアルロン酸を注射器から入れる簡単な治療なので、数千円程度で受ける事が出来るのが魅力です。定期的なヒアルロン酸の注入により、肌のハリや弾力が若い時の感覚に戻ってきます。若さを取り戻すことにより、自信が持てるので、心も体も元気になり、より積極的に社会活動が送れるようになります。
エラの筋肉が発達してしまい、エラが張って顔が大きく見えてしまい、悩んでいる方もいます。その様な方の為に、最新の技術が開発されました。それはボツリヌス・トキシンという薬剤を患部に注入する事です。この薬剤は、筋肉の発達を止めて、収縮を和らげる効果があります。ポツリヌス・トキシンを定期的に注入する事で、張ってしまった顎のエラの部分の発達を抑える事が出来ます。従来では顎に張ったエラの治療は、メスを入れて削るしかありませんでした。その大掛かりな治療に多くの方は躊躇して、張ったエラと付き合う人生を選んでしまっていました。しかしこの薬剤の開発により、削り取るどころか、メスすら入れずに、エラを除去することが可能になりました。
整形といっても、メスを入れない治療も一般的となりましたので、手術に対して多くの不安を抱えている方にも親しまれる様になりました。治療を受ける前は、しっかり専門の医師によるカウンセリングも受ける事が出来るので、自分の意思を治療に100パーセント反省させる事が出来ます。もし分からない事、不安な事があれば、すぐに答えてくれますし、多少無理な要望があっても、柔軟に対応してくれます。手術後の腫れや痛みに関しても、年々手術の進歩から、少なくなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です