ビールダイエット

ビールっ腹という言葉さえあります。
ビールをよく飲む人のお腹はたぷたぷしていて気持ち良い…じゃなくて、太っているということ。
それなのに一部の人の間で『ビールダイエット』などという言葉が使われて、しかも実践されて、さらには効果を出しているという話まで聞こえてきます。
にわかに信じられません。
果たしてビールダイエットは成立するのでしょうか?

そもそもビールを飲むと太るという話自体がもしかしたら噂に過ぎないという話もあります。
ビール自体にはそれほどカロリーが含まれておらず、しかもビールに含まれているカロリーはすぐに体外へ出て行ってしまう類いのものだと言います。
では何故ビールが太るとされてしまったのか。
それはビール単品で楽しむ人が圧倒的に少ないということが原因です。
つまり、ビールと一緒に何かを食べることに問題があるということ。

おつまみや料理のことです。
ビールに合うおつまみは油を使っているものが多い為にカロリーが非常に多い。
しかも濃い味付け。
ビールを飲み、料理を食べ、またビールを飲み、おつまみをつまみ…を繰り返す事で通常の食事よりも多くのカロリーを摂ることに繋がり、結果、太ってしまうということなんです。

それを踏まえてビールダイエットを考えてみましょう。
ビールだけでは決して太らない訳で、しかしビールというのはお腹が膨らむ(感覚を覚える)飲み物でもあります。
食事の前にビールを飲む事で食事の量が抑えられるのがビールダイエットの方法のひとつ。
もしくは1食抜いて、その代わりにビールを飲むというのもビールダイエットの方法のひとつ。

何故ビールなのかと言うと、ダイエット中の人が満足感を得られるからです。
ただ我慢をして水を飲むだけよりもビールの方がダイエットしてる感から逃げられるじゃないですか。
それだけの理由です。
ビールに飽きたらカロリーゼロの炭酸飲料でもカロリー低めのジュースでもOK。
ビールダイエットはビールそのもので痩せるというよりも、ビールを利用して楽しみながら痩せてみようというもの。

ビールダイエットだからと水の代わりに毎日何リットルも飲むのは御法度ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です